検索
  • RESTAR

不動産案件管理ソフトウェアの便利な特徴


8_features_for_DM
.pdf
Download PDF • 546KB




1. 業界特化

不動産案件管理ソフトウェアは他の管理ツールではできないような、業界に特有な業務に沿って使いやすい機能が備わっています。様々なツールを組み合わせて使う必要はありません。


2. 最新のデータ

不動産案件管理は必要な最新のデータを簡単に検索でき、データの更新を自動でやってくれます。また、それらのデータを簡単にExcelやPDFに出力することもできます。


3. 資料の一元化

あらゆる案件の資料やファイル・データを保管することができます。資料の一元化により、検索し易さや情報の見逃すリスクをへらすことができます。



4. 過去の検討情報の保存

過去に検討をした不動産の評価・分析データや資料を保存し、閲覧することができます。これによって、今後の検討の際に参考にすることができます。


5. 業務の効率化

不動産案件管理ソフトウェアは、定型的な資料作成や過去案件の分析資料の保存ができます。このため、類似の資料作成や同じ作業を毎回繰り返す必要はありません。


6. 作業の“見える化”

各案件はどのような状況かまた案件の担当者が誰かをチームに共有できます。作業を分割し、各人に割り当て、進捗状況をリアルタイムで共有ができます。


7. 締め切りの管理

各案件には締め切りがあるため、担当者は常に時間に追われています。締め切りが差し迫っていることに気づき、直前で慌てないように締め切りを管理できます。


8. アクセスし易さ

インターネットに繋がるPCやタブレット端末さえあればアクセスできるので、物件の実査時や自宅等時間や場所を問わずにサービスに接続することができます。

56回の閲覧0件のコメント