検索
  • RESTAR

住宅施設の開発/買収~モバイル空間統計~

【課題】

住宅施設の開発や買収にあたって、居住者の生活圏となる周辺地域の人口ピラミッドが重要なデータです。


しかし、従来のデータ取得方法では、直近の情報を得ることが困難です。


また、各個人の属性(性別、年代、居住地等)に関する正確なデータを活用することができず、もし活用できたとしても、国勢調査といった更新頻度の低い分析が中心でした。


その結果、住宅施設の開発/買収といった意思決定に必要な、有効性の高い分析を行うことが困難になっています。



【REMETISができること】

このケースでは、REMETISによる人口統計分析の「データの鮮度」と「属性の正確さ」が効果的に活用できます。


REMETISを利用すれば、任意のエリアに関して、直近の人口統計データが得られます。


また、REMETISでは、携帯電話の契約情報に基づく非常に正確な属性データを取得することができます。


図1では、武蔵小杉駅周辺の休日12時の人口動態を表しています。


この地域では50代未満の層が、その時間帯の大半の人口を占めていることがわかります。


直近の人口統計データに正確な属性データを紐づけることで、任意のエリアにおける直近の正確な人口ピラミッドのデータを得ることができるので、それにより、住宅施設の開発/買収の分析や意思決定を効率的にすることが期待できます。


図1




125回の閲覧0件のコメント