検索
  • RESTAR

自社開発 vs サービス利用


develop_vs_use
.pdf
Download PDF • 1.28MB




不動産業界でのIT導入時の論点

今日の不動産業界では、業界に特化したソフトウェアを用いて業務の効率化や合理的なデータ活用を図る企業が増えています。一方で、未だこうしたITテクノロジーを上手く活用できていない企業も数多く存在します。今後、ITテクノロジーを用いた業務の効率化や合理的なデータ活用を行う際に、初めに考えなくてはならない問題が、「自社で開発するか、もしくは第三者による既存サービスを利用するか」です。


以下の表では、上記の意思決定を下す上で考慮すべき5つのポイントを挙げています。また、各ポイントにおける「自社開発」と「サービス利用」の特徴をまとめてあります。

  1. 社内の開発リソース

  2. オーダーメイド vs 柔軟なサービス

  3. 導入までの期間

  4. メンテナンス・機能更新

  5. 利用の定着しやすさ5つのポイント


5つのポイント


REMETISについて:

  • 不動産会社・金融機関の不動産のプロに特化した唯一の情報管理・分析プラットフォーム

  • 導入にかかる期間は、わずか1カ月程度

  • 業界大手の企業での、多数の導入実績


55回の閲覧0件のコメント